脱毛を自宅でしたい!家庭用脱毛器VS脱毛サロン

剃っても剃ってもまた生えてくるムダ毛!
その度に処理をするのも本当に面倒で、いっそのこと思いきって永久脱毛してしまいたくなりますよね。
本来ならば脱毛サロンに通うのが一番良い方法なのでしょうけど、最終的に高額になるのも恐いものです。
できれば「脱毛を自宅でしたい!」そう思う人も多いのではないでしょうか。
そんな人たちに人気なのが、エステサロン並みの脱毛が自宅でも簡単にできる家庭用脱毛器です。
でも、ちゃんと脱毛できるのか?、痛みはないのか?、コスト面はどうなのか?、など
家庭用脱毛器にはいろいろな不安や心配があるのではないでしょうか。
そこで脱毛を自宅でしたいという方のために家庭用脱毛器のメリットやデメリットについて紹介したいと思います。脱毛サロンとの違いを比較してながら、家庭用脱毛器の実力を確認してみてくださいね。

 

家庭用脱毛器 VS 脱毛サロン

現在、脱毛エステサロンで行っているのはIPL(フラッシュ)方式などの光脱毛が主流となっています。
この光脱毛の施術は、処理が完了するとほとんどの場合もう二度と毛が生えてくることはありません。
いわゆる永久脱毛ですよね。
そんな脱毛サロンと同じ光脱毛が自宅でも簡単にできてしまうのが家庭用脱毛器です。
ただ、同じ光脱毛といってもサロンと家庭用とでは色々な違いがあります。
その両者の色々な違いを比較しながら見ていきましょう。

  家庭用脱毛器 脱毛サロン
ランニングコスト 本体価格
約20,000円~約80,000円
交換カートリッジ
1個5,000円前後
全身コース(大手サロン平均)
8回:300,000円、6回:250,000円
部分コース(大手サロン平均)
4回:25,000円~50,000円
メリット ・自分のペースで脱毛ができる
・サロンに通う面倒がない
・自宅でするので恥ずかしくない
・購入価格のみで低コスト
・照射パワーが弱いので痛くない
・照射パワーが強いので効果的で早い
・プロの手によって施術してもらえる
・相談しながらできるので安心
・エステも同時に行なうことができる
・すべてお任せなので楽ちん
デメリット ・どの程度効果があるのか不安
・サロンより照射パワーが弱い
・毛周期など専門的なことが相談できない
・背中など見えない部位がやりずらい
・交換カートリッジの追加購入が必要
・サロンまで通うのが面倒
・予約がなかなか取れない
・自分の都合やペースでできない
・高額な料金がかかる
・デリケート部分を見られて恥ずかしい
・通っているのを誰かに見られないか心配

以上のようにどちらにも一長一短がありますが、やはり自宅で脱毛をしたいという方には家庭用脱毛器がおすすめです。
たしかに、家庭用脱毛器はサロンのマシンよりも照射パワーなどは劣りますが、けっして効果がないわけではありません。自宅でもしっかりと脱毛ができるように開発されているので、ちゃんと効果を感じながら使うことができるので全く心配することはないでしょう。

さらに家庭用脱毛器をオススメするのには以下のようないくつかのポイントがあります。

ランニングコストが安い

なによりも圧倒的に違うのは「コスト面」ではないでしょうか。
脱毛サロンでは全身脱毛のコースを受けると、20万~30万円のチケットを購入することになります。
部分脱毛コースでも5万~20万円はチケット代がかかってしまうでしょう。
しかし、家庭用脱毛器なら本体価格のみで済むのでサロンと比べたらとっても安上がりではないでしょうか。
交換用のカートリッジを追加購入する必要がありますが1個5千円程度なのでそれほど負担にはなりませんよね。

自宅で脱毛できる

そして、もう一つ大きな違いが「自宅で脱毛できる」という点です。
わざわざサロンに通わなくても良いですし、予約が取れないなんていう煩わしさもありません。
それに、他人にデリケートな部分を見られるという恥ずかしさもありません。
自宅でこっそりと誰の目も気にせずにムダ毛処理ができるのですから最高ですよね。

では、家庭用脱毛器の人気商品や売れ筋商品を紹介したいと思います。

 

人気・売れ筋!おすすめ家庭用脱毛器

ツーピーエス
 
業務使用レベルのハイパワー脱毛器。
Wフラッシュ採用で脱毛力が強いのに痛くなく、照射範囲が広いのでスピード脱毛が可能です。
照射ボタンを省いたオートショットで楽々脱毛。価格面、性能面共に優れた商品といえます。
美顔用カートリッジに交換して光美容もできます。今ならクーポン利用で更に安く購入ができます。
価格 機器タイプ 評価
49,800円~(税込) 据え置き型(フラッシュ)

 

ケノン
 
楽天市場で長年ランキング1位を連続で獲得。
コンデンサを4つも搭載した超パワフル照射、他社とは違うパワフルさがスピードの差にも出ます。
お値段が高めですが、その分どこよりも高性能。
顔・Vゾーンなど部位ごとにカートリッジの変更可能で剛毛の男性でもOK!男女ともに使えます。
ユーザー評価も5点満点中、4.36点と高評価!
価格 機器タイプ 評価
69,900円(税込) 据え置き型(フラッシュ)

 

トリア・レーザー脱毛器4X
 
トリアはプロ仕様のレーザー脱毛器。レーザーなのでピンポイントでムダ毛に照射します。
照射範囲が狭いので時間が多少かかりますが、数回の使用でほとんどムダ毛が目立たなくなります。
5段階の出力レベルで毛質に合わせて調整が可能。
30日返金保証付きで安心してお試しできます。
細かな部位は別売りのプレシジョンが必要です。
価格 機器タイプ 評価
44,800円~(税込) ハンディ型(レーザー)

 

美ルルクリアベールミニ
ムダ毛ケアと美肌が同時に叶う、光脱毛機!
業務用脱毛器と同じ工場で生産されているため、厳しい審査をクリアした高品質で安心・安全の家庭用式脱毛器です。
光はIPL方式を採用し、毛のメラニンにのみ反応。肌を傷つけることなく毛根に作用します。
全身どこでも使えるのでこれ1台で全身脱毛ができてとてもリーズナブルです。
価格 機器タイプ 評価
29,800円(税込) ハンディ型(フラッシュ)

 

エピレタ (epilata)
 
低価格でも充実した機能の脱毛器。
特許技術HPL採用、光と超音波のW作用で肌に優しく脱毛できます。
カートリッジ交換不要!
約5人分の全身脱毛がコレ1台でOK!15万回の照射回数が魅力です。
価格 機器タイプ 評価
34,800円~(税抜) ハンディ型(フラッシュ)

脱毛器の選び方について一言

自宅で脱毛ができる家庭用脱毛器には色々な商品があることが分かったと思います。
フラッシュやレーザーなど照射タイプの違いや照射幅の違い、交換カートリッジの多さなど機器の特徴も様々。
また、価格も約2万円の格安のものから約7万円の高額のものまでピンキリです。
照射パワーを重視したもの、機能面を重視したもの、低価格にこだわったものなど・・・
どれもみなオススメの良い商品ばかりですが、選ぶ場合はどの点を重視するのかが重要です。
ただ単に価格が安ければ良いのか。
プロ仕様の高性能の商品にこだわるのか。
それとも両方を兼ね備えたトータルバランスに優れた商品を選ぶのかなど、重視するポイントをしっかりと抑えて脱毛器を選ぶようにしましょう。
 



家庭用脱毛器をより効果的に使う方法

脱毛をより効果的にするには、まず事前にムダ毛の下処理をしておくことが大切です。
下処理というのは、あらかじめ毛をある程度剃ったりして短くしておく処理のことです。

脱毛の仕組みは、フラッシュなどの光を照射させて毛根にダメージを与えて毛を抜け落ちるようにするものです。
ですから、なるべく光が毛根に届きやすくするように邪魔な毛を処理しておくことが大切なわけです。
脱毛したい部分の毛が長いままですと、毛が邪魔をして光が毛根にまで届きません。

脱毛を自宅でする場合でもサロンでする場合でも同じことがいえますが、いきなり気になる部分に照射をするのはNGです。
必ず下処理をしてから脱毛を行うようにして下さいね。そうすれば、きっと効果も早く実感できると思いますよ。

特に毛が密集している脇の下やデリケートゾーン(VIO)を照射する際には、事前にムダ毛の下処理は欠かせません。
照射に邪魔になる毛をハサミヤカミソリで取り除いておくと脱毛器の光が効率よく毛根まで届き、より効果を発揮します。

家庭用脱毛器はとても高額な商品ですので、より早く効果を実感するためにも下処理を済ませてか使うようにしましょう。